貯金を増やす方法!貯金ががなくても誰でも自然に増やす安全な方法

 

この記事を書いた人
(ペンネーム)
でっき
プロフィール 私はフリーランスに転身して、個人的なスモールビジネスを行っています。その傍ら、不安定な家計状態を改善しようと様々な貯金を増やす方法を実践してきました。成功や失敗の様々な経験を通じてそこから学んだことが多くあります。

貯金の少ない人にとって、少しでも貯金を増やすことは切実な願いです。

だからといって、どうすれば貯金が増えるのか方法がわからず悩んでいる人も多いでしょう。
そういった人は、短い期間で余裕資金を作り出そうとするためにどうしていいかわからなくなることも多いです。

私自身もそうでしたが、貯金を増やすためには「日数の力」を借りることが大切です。
少しずつ積み重ねていくことで、貯金額を増やしていくということです。

ネット銀行の利点を活用した手数料削減の方法

大手銀行を利用している人は多いでしょう。

初めて銀行口座を作る場合は、著名な大手銀行の方が安心感もあるからです。
もちろん大手銀行にはメリットもありますが、ATMからの出金や他銀行への振込みに関して手数料がかかるのが難点です。

少しの金額ではあるものの、長期的に考えれば大きな金額になります。
あなたが今まで人生で銀行に払った手数料のことを考えてみてください。
相当な金額になるでしょう。

それに比べてネット銀行は、ATMの出金手数料や他銀行への振込手数料を無料にしているケースがあります。
月に何回まで無料というようなサービスをしています。

貯金残高が多ければ、その回数が多くなるというサービスもあります。
私自身もネット銀行を利用するようになってから、かなり手数料を削減できていると感じています。

ネット銀行は利息も高い

ネット銀行の利点は、手数料だけではなく、利息が高いということです。

大手銀行の10倍以上、あるいは50倍や100倍というような利息がつく銀行もあります。
元々の銀行金利自体が低いため、口座に多くの資金がある場合は別ですが、一般的にはそれほど目に見えたプラスがあるわけではありません。

しかし少しの金額でも積み重なっていけば結構な額になるため、これもネット銀行の利点と言えるでしょう。

安全な投資をするにはローリスクの商品を長期運用する

貯金を増やすために考えることの中に「投資」があります。

株などに投資することによって利益を出そうとするものです。
あるいは、差金決済で利益を狙う外国為替証拠金取引(FX)という投資方法もあります。

特にFXはレバレッジによって証拠金の何倍もの資金を運用することができるため、少ない金額で大きなリターンを狙える投資方法として取り組む人もいます。

しかし、私もFXに取り組んでみましたが、結局損失の方が大きくなりました。

一度勝って利益を得ても、次には負けてしまうことが多く、結局トータル的には資金を減らすことになってしまいました。
勉強不足であったこともありますが、相場の流れを予想するというのは簡単にできることではありません。

また負けたら取り返そうする気持ちと、勝ったらいっそう利益を増やそうとする気持ちが働き、結局途中で止められなくなってしまうのです。
それよりもできるだけ安全な投資を目指すなら、投資信託のインデックスファンドを買って長期運用する方が確実です。

インデックスファンドは手数料も安く、少額でも購入が可能です。
それに加えで投資信託ですから、自分で投資先を探す必要はありません。

株であればその会社の状況を自分で判断して投資する必要がありますが、投資信託はそのような手間がなく、ファンドマネージャーが投資先を決めてくれるためとても楽です。

積立で投資信託を行った結果

私は毎月積立でインデックスファンド少額購入していますが、2年間で計20万円ほどを投資し、2万円ほどのプラスを出すことができました。

もちろん、経済状況にもよります。
一気に相場が下がりプラス分が目減りした時もありますが、気にせずに積立を続けました。
これがいいのは「精神的に楽」ということです。

一度設定すれば、自動で証券会社が毎月一定額の投資信託を購入してくれます。
購入する金額も自由に設定できるため、金銭的負担を感じることもありません。
気がついたら結構プラスになっていたという感じです。

ネット銀行に口座開設すれば、その銀行と同じ系列のネット証券に口座開設をしてもいいでしょう。
連動させること特典が発生する銀行もあります。

仮想通貨投資での体験

私は仮想通貨投資もしています。

しかし現在のところ含み損を抱えています。
よくわからずに投資をした結果ですが、明確な目的意識を持たずにただ何となく雰囲気で行うとこうなってしまうという痛い経験です。

仮想通貨は値動きが激しいのが特徴です。
短い期間であっという間に資金が目減りしてしまうこともあります。

もちろん逆に短期間で資金が増える可能性もありますが、仮想通貨市場全体が下降気味の時に投資をすれば損失が大きくなることは当然です。

特に仮想通貨FXでは、ただでさえ値動きが激しいところに加えて、FXのような投資になるためリスクはさらに高まります。
不安定な仮想通貨市場では、安全な投資方法というのは難しいです。

ただ、安全な投資として一つ考えられることがあります。
これは私もしているのですが、簡単に言うと仮想通貨を現物購入して後はそのままにしておくということです。

売ったり買ったりを繰り返すのではなく、ひたすら持ち続けるスタイルです。
購入金額は、たとえ全額を失っても諦めのつく額にしておきます。

生活資金を投入するようなことは絶対にいけません。
仮想通貨市場は未来には大きな成長が望める市場だと言われています。
その大きな成長がいつ来るかはわかりません。

近年でもかなり成長してきていますが、仮想通貨の可能性から考えてまだまだ序章に過ぎないと主張している人も世界に多くいるようです。
確かに冷静に考えてみると、仮想通貨の持つ能力はこれからの社会に大きく生かされている可能性が高いと思われます。

そのような未来の広がりに期待して仮想通貨を持ち続けるということです。

仮想通貨の価格下落は気にしない

その間には暴落などもあるかもしれませんので、それに耐えれるように、あくまでなくなってもいい余裕資金の中で運用することが大切です。

仮想通貨の価格がゼロになることはないので、何か特別なトラブルがない限り、全額を失うということは考えられません。
もし仮想通貨が広がるとすれば、その価値は今の何倍にもなる可能性があるため、忘れた頃にとても大きな額になっていることもあり得る話です。

元々失っても構わないお金と割り切っていれば、特に値動きを気にする必要もありません。
それでも大きな含み損が出るのが嫌であれば、損切(損失確定)ラインを自分で設定しておけばいいでしょう。

仮想通貨取引所の逆指値注文機能を利用して、自動で損切できるようにしておくこともできます。
一見リスクが高いと思える投資方法も、目先を変えて未来を見据えるなら、確実な投資方法に変わっていく可能性もあります。

その際にも、リスク管理に立脚した上で行うことが大切です。

まとめ

少しずつ増やすというと、今すぐ貯金を増やしたいと思う人にとってあまり気が進まないこともあるでしょう。

しかし時間は確実に過ぎていくため、時の力というのは大きなものがあります。
貯金を増やす際も、時間の流れを味方につけて安全で確実に積み重ねていくという意識が大切です。

一つの事が小さい金額でも、複数になって積み重なれば大きなものになります。
塵も積もれば山となるという方針で進めていけば、貯金の山も少しずつできていくと考えます。